エクセルVBAとアクセスVBAの違いとは・・・

エクセルを使っている方でも、エクセルマクロ(VBA)までよく知っている方は少ないのではと思うが、さらにアクセスVBAを知っているという方はさらに少ないと思います。

そもそもアクセスはOffice Proffesional以上のバージョンじゃないと入っていないので、使ったこともないという方がほとんどだろう。

そもそも「マクロ」や「VBA」という言葉自体が何のことやら・・・という方のために簡単に説明しておきます。

エクセルのマクロというのは、エクセルの中で自動化したい操作などを、予めVBAプログラムで作成しておき、それをボタン1つで実行させるというものです。

ちなみにVBAというのは「Visual Basic for Applications」という意味で、日本語でいえば、ソフトに特化したVisual Basicという意味です。

ちなみに、Visual Basicというのは、マイクロソフトが開発したプログラム言語で、一般のプログラム言語と比較すると、かなり分かりやすい言語といえます。

例えば、ワードVBA、エクセルVBA、パワーポイントVBA、アクセスVBAなどというように、ソフトごとに異なるVBAが用意されています。

特にエクセルでマクロが注目されるのは、エクセルでデータの処理などを自動化したい人が多いことと、マクロの記録という機能があることで、VBAへの入り口が用意されているからだと思います。

ちなみに、Mac用のOfficeなども売られていますが、このMac用のOfficeソフトにはVBAというものは存在していません。つまり、Macではマクロが使用不可能なのです。

これは、VBA自体がWindowsのOS上で動くことを前提に作られているため、他のOSでは動作しないためです。MacのOfficeにアクセスが存在しないのは、アクセスというソフトがVBAなくしては動かないソフトだからです。

エクセルのVBAのポイントはBook、Sheet、Cellというエクセル上のオブジェクトを対象にプログラミングを行うことにあります。当然エクセルシート上の関数の機能なども利用しながら、プログラムを作ることができます。

エクセルの優れた点は、「マクロの記録」という機能がある点です。マクロの記録とは、自分で操作した内容を自動的にVBAに変換してくれる機能のことです。

この機能があることで、エクセルはVBAをあまり知らなくても、簡単なマクロ(=VBAプログラム)を作成することができます。

一方、アクセスの場合は、Table、Query、Form、Reportというオブジェクト、及び、FormやReportの中に配置するControlオブジェクトを対象にVBAプログラムを組むことができます。

エクセルと異なるのは、データベースソフトなので、実体としてのTableと実体のないQuery、Form、Reportなどに対して、全体的な視野でプログラムを作成していくことが必要になります。

そういう意味で、アクセスVBAはとても敷居の高いものになっており、一般のパソコン教室では教えていないことが多いと思います。

最初からアクセスを勉強することは難しいかもしれませんが、エクセルマクロ(エクセルVBA)などをきちんと勉強した後に、アクセスに入ればアクセスのすばらしいデータベースの世界を見ることができると思います。

[PR]

by nokotopics | 2010-07-17 12:52 | PCソフト