「ほっ」と。キャンペーン

OneDriveの無料容量削減は回避できる!

マクロソフトが2016年の早い時期にOneDriveを無料で使用できる容量を5GBに制限するという記事を以前書きました。→「マイクロソフトの陰謀~OneDriveのゆくえ

この問題に対しては、OneDriveを使っている多くのユーザーからマイクロソフトに対して大いなる失望が寄せられた結果、マイクロソフト側で5GB以上使用しているユーザーに対しての解決策(特別ボーナス)を出してきています。

ただし、この解決策は自動で行われるものではなく、2016年1月31日までに手動で手続きを行う必要があるものなので、OneDriveで5GB以上使用する可能性のある方は、速やかに手続きを行うようにしてください。

1.OneDrive容量削減の経緯とマイクロソフトの対応

マイクロソフトは2015年11月の初めに突然、無料で使用できるOneDriveの容量を2016年の早い時期に5GBまで削減すると発表しました。ただし、5GB以上使っているユーザーに対しては、1年間の猶予を持ってデータにアクセスすることは可能であり、その間に容量を削減することを期待していました。さらに、Office365の契約者に対しては、1TBのOneDrive容量を提供するとして、Office365へ誘導する流れを作ろうとしました。

この発表の後、多くのユーザーからの反対の意見が出て、これによりマイクロソフトは2015年12月12日に新たな案を提案してきました。

基本的には、OneDriveの無料の使用量を5GBとすることは決まっていますが、2016年1月31日までに「ある手続き」を行うことで、容量削減の時期以降も15GBのデータストレージと15GBのカメラロールストレージ(あわせて30GB)を使用できるとする特別なボーナスを受けることができるというものです。

2.マイクロソフトからのボーナス容量をもらう方法

公にはあまり出ていない情報なので、知らない人も多いと思いますが、1月中に行わないとこのボーナスはもらえません。15GBのデータストレージをそのまま維持したい方は、以下の方法に従って手続きを行ってください。

手続きにはOneDriveを使用しているMicrosoftアカウントとそのパスワードが必要です。

画像が多いので、別ブログに方法をまとめることとしました。

OneDriveの無料容量15GBを使い続けるための方法

[PR]