<   2009年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧


まぎらわしいウイルスセキュリティZeroの広告

最近、パソコン会員の方から頻繁に質問を受ける内容があります。

それは、「ウイルスセキュリティーZero」の「Windows 7対応」に対する広告です。

ウイルスセキュリティZeroを使っている方はご存知だと思いますが、パソコンの起動時にウイルスセキュリティZeroの起動表示が現れます。

この画面の表示の中で、「Windows 7非対応、アップグレードはこちら」というような表記が出てくるのです。

一般の方は、この表示に驚いてアップグレードしなければならないと考えてしまうようです。

ウイルスセキュリティZeroは、更新料のかからないソフトとして多くの人が使っているソフトです。Windows XPの場合は2014年まで、Windows Vistaの場合は2016年まで無料で使えるということになっています。

このたびWindows 7が出たことでWindows7対応版が発売されたのですが、現時点でXPやVistaで使っている人は全くアップグレードする必要なく、そのまま使っていればいいだけです。

ところが、ソースネクストからのメールや、画面表示広告の表現が不適切のために、多くの人が勘違いしてしまっているのが現状です。

このようなまぎらわしい広告は、消費者を惑わせるものであって、不適切であると思います。

ソースネクストは直ちにこのような不明確な表示を変更すべきだと思います。

[PR]

by nokotopics | 2009-12-27 14:41 | PCソフト