<   2010年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


Office2010の使い心地と新機能について

Office2010が6月中旬に発売されました。

パソコン教室では、まだOffice2003と2007が主流ですが、今後は2010もすこしづつ増えてくると思います。

Windows 7のパソコンにOffice2010を昨日インストールしたので、その感想と新機能についてご報告したいと思います。

まず、インストール関連としては、「プロダクトキー」の入力がスムーズになりました。Office2007ではプロダクトキーの入力にやたら時間がかかる?状態だったのですが、Office2010では、通常のスピードで入力することができました。

Office2002,2003,2007の場合は、インストール後にソフトを起動した段階でライセンス認証画面が出てきたのですが、2010の場合は、インストール中に自動でライセンス認証がされるようになっているようで、ソフトを起動後は、すぐに使えるようになっています。

まず、ソフトを起動して感じた印象は、全体的に白っぽいデザインになっており、文字が認識しやすいと思いました。また、2007に比べると、動きが速いように感じました。

ちなみに、ワードの背景の色は「青、銀、黒」に変更できます。(オプションから)
また、Windowsのエアロ機能は使わない方が、画面が見やすくなると思いました。

細かい点で異なっているのは、2007のOfficeボタン(左上にある丸いボタン)が廃止されて、そのかわりに「ファイル」というタブが増えています。この「ファイル」をクリックすると、リボンではなくメニューが表示されるようになっていて、保存や印刷、オプションなどの設定があります。

また、2007では、デフォルトで外されていた「開発タブ」が、2010では最初から表示されていました。

リボンの部分の構造は、2007とほぼ同じ構造だと思います。ただ、図形や表などを挿入したときに出てくる「ツールタブ」については、2007より目立つ形で出てくるようになっています。

今回の2010の新機能としては、「印刷プレビュー」が「印刷」と一体化しており、印刷を選択したときに、プレビューが表示されるようになっています。

また、保存に関しては「Webに保存」という項目があり、インターネット上の「Windows Live内」に保存ができるようになっています。

また、PDFやXPSの作成も簡単にできるようになっています。

さらに、「ブログの投稿として発行」という項目もあり、ワードからブログに投稿できるような仕組みもあるようです。(一部のブログに限定されていますが)

さらに、オプションの設定の中には、リボンの表示をカスタマイズできる機能などもあり、表面的には2007と同じですが、内部的には使いやすさを考えて多くの改良がなされてきているようです。

まだまだ、使ってみないとわからないことがあると思いますが、全体的な印象としては、2007を継承してより使いやすいソフトになったという感じです。

長いこと、Office2003を使っている人も、これを機にOffice2010にアップグレードするのもいいんじゃないかなと思います。

[PR]

by nokotopics | 2010-06-26 13:07 | PCソフト

ちょうどいいサイズのONKYOモバイルノートパソコン

先日、モバイルできるノートパソコンがほしいという方に付き合って、ヨドバシカメラに行きました。

一般のモバイルパソコンといえば、小型の10インチ程度の画面のネットブックを連想する方も多いと思います。

しかし、ネットブックの欠点は、CD/DVDドライブが標準で付いていないことと、キーボードが狭くて打ちにくいこと、さらに画面の縦方向の解像度が少ないために、画面のスクロールを頻繁に行わないといけないことです。

そこで、軽くて持ち歩けて、画面がそこそこ大きくて、CD/DVDドライブが付いているノートパソコンがありますか?と店員さんに尋ねたところ、それじゃあONKYOのパソコンはいかがでしょう、と薦められました。

「ONKYOのパソコン?」と一瞬びっくりしましたが、ヨドバシでは結構力を入れて販売しているようで、実際に見てみると意外といいんですね。

画面のサイズは13.3インチで、解像度は1366×768ピクセル、CPUは低電力タイプで、バッテリー持続時間は7時間、メモリは2GBで、ハードディスク容量は320GB、もちろん、DVDスーパーマルチドライブ付属で、価格はOffice2007 personalが付いて、約9万円でした。

もちろんOSは、Windows 7 Home Premiumです。

一番驚いたのは、その重量がバッテリーを入れた状態で1.8kgということでした。

さらに、イーモバイル契約とセットで、さらに3~4万円ほど安くなるということでした。

私も昔、ネットブックが出たての頃に購入したのですが、画面が小さいことと、キーボードが狭いために、通常の仕事というよりは、インターネットやメールのみの使用と割り切って使っています。

しかし、今回のONKYOのノートパソコンは十分仕事や遊びに十分に活用できる、モバイルノートだと思いました。

日本のメーカーなので、説明書やリカバリーメディアなどもちゃんと入っていますし、年賀状ソフトも入っていて、必要十分な感じです。

ONKYOという音楽関係の新参メーカーですが、いわゆる「ちょうどいいサイズと価格帯」を狙っている点は、なかなかマーケッティングがきちんとできているなあと感心しました。

最近は、十分なスペックを持つノートパソコンも11万くらいから手に入るようになってきましたが、従来のノートパソコンの重さは3kg~3.5kg程度もあり、モバイルできる重さではありません。

モバイルノートでありながら、仕事や趣味に十分に使えるという意味でもONKYOのパソコンはお買い得パソコンだと思います。

是非、一度ヨドバシカメラで見てください。

[PR]

by nokotopics | 2010-06-16 02:27 | パソコン

今が最後のOffice2010アップグレードキャンペーン

Office2010の発売がいよいよ迫ってきています。

予定では6月17日ごろに発売されるということのようです。

新しいOfficeの発売前のこの時期は、最も安く前のバージョンを手に入れることができ、さらに最新のバージョンを最も安く手に入れることができるお得なキャンペーン期間です。

すでに、インターネット上ではOffice2010の予約販売も始まっているようですが、今一番お買い得なのは、Office2007を購入することです。

このマイクロソフトのOffice2010アップグレードキャンペーンとは、

「この時期、Office2007の各バージョンを購入した場合、Office2010へのアップグレードバージョンを3000円で提供する。」

というものなのです。

この場合注意してほしいのは、Personal,Standard,Professionalなどのバージョンに対応して、Office2010のバージョンもアップグレードされるというものです。

つまり、

Office2007 personalを購入 → Office2010 personalにアップグレード
Office2007 standardを購入 → Office2010 standardにアップグレード
Office2007 professinalを購入 → Office2010 professinalにアップグレード

ということになります。

すでにOffice2003のCDを持っている人であれば、Office2007のアップグレード版を購入することで、Office2010が3000円で手に入るわけで、とてもリーズナブルなのです。

一見すると、もうOffice2010になるんだから、Office2007をわざわざ買わなくてもと考える方もいるでしょうが、1つのバージョンの価格で、2つの世代のOfficeのライセンスが手に入るということは、まさに50%引き価格で購入することと同じなのです。

これを服に例えれば、

そろそろ夏になりそうなこの季節に、春の服を買うと夏服も手に入るというような感じです。

マイクロソフトのお得キャンペーンは、購入期限が6月16日までなのでこの時期を逃さずに利用してほしいと思います。

ちなみに、Office2007を購入後に手続きが必要ですので、詳しくは下記のページを見てください。

http://www.microsoft.com/japan/office/2010/techg/default.mspx

[PR]

by nokotopics | 2010-06-08 21:45 | PCソフト