<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


Officeソフトの主流はHome and Businessらしい

最近の各社パソコンのスペックを見てみると、以前と比べて大きな変化があることに気付いた。

それは、ソフトウェアの中のMicrosoft OfficeのバージョンがPersonalではなく、Home and Businessが主流になってきたということだ。

つまり、Word, Excel, Outlookというソフトに加えて、PowerpointとOneNoteが入っているHome and Businessバージョンを標準でインストールしているモデルがあたりまえになってきているということである。

これは、恐らくOffice2010になってマイクロソフトがソフト価格を下げたことで、メーカー側で導入しやすくなったということが一つの理由だろう。

もう1つの理由としては、Powerpointの需要が大きくなってきたことと、OneNoteがビジネス上で有用なソフトになるだろうという期待からではないかと思う。

いずれにしても、Office2010 Home and Businessが標準インストールされているにも関わらず、かなりの低価格でパソコンが売られているのは驚くべき現象だと思う。

もしかしたら、これも円高の効果かもしれない・・・。

それにしても、Windows 7のパソコンは早くて気持ちがいいです。

ジャパネットタカタも安いけど、やっぱりパソコンはお店で店員さんに情報を聞きながら購入するのが、ベストだと思います。


デスクトップでの売れ筋は、

c0187320_21211945.jpgNEC
PC-VN770BS6W

VALUESTAR N PC-VN770BSシリーズ
20型ワイド液晶(1,600×900)
CPU:Core i5
HDD:1TB
メモリ:4GB
ドライブ:ブルーレイディスクドライブ
Office Home and Business 2010搭載
ヨドバシカメラ価格:¥163,300 (税込)



c0187320_21293437.jpg富士通
FMVF705ATW

ESPRIMO FH700/5ATシリーズ
23型ワイド液晶(1,920×1,080)
HDD:1TB
CPU:Core i5
HDD:1TB
ドライブ:ブルーレイディスクドライブ
Office Home and Business 2010搭載
ヨドバシカメラ価格:¥178,300 (税込)



ブルーレイドライブと地デジチューナーが付いて、どうやったらこのような価格にできるのかが不思議でなりません。

[PR]

by nokotopics | 2010-08-04 21:40 | PCソフト

Officeソフトを買うなら、どこで買う?

Office2010が発売されて、1ヶ月以上が過ぎました。

これまでOffice2003を使っていた人も今度は買ったほうがいいよ、と私は言っています。

ソフトの進化に対応していくためには、ある程度の期間で新しいソフトに乗り換えていくことも大切なことなんです。

会社では、まだ古いエクセルなんで・・・という人も多いのですが、自宅では最新版のエクセルを使っていれば、会社が突然新しいエクセルになっても安心ですからね。

実は、今回のOffice2010は、従来のOfficeと比較すると変わったことがあります。

それは、「コストダウン」されているんです。

パッケージも従来よりなんだか安っぽい入れ物になっていると思ったら、価格もかなり安くなってきているようです。

私が良く買うネットショップのNTT-Xの価格です。
(個人的にオススメのショップです)

Office Personal 2010 製品版 24158円
Office Personal 2010 アップグレード優待 13033円
Office Home and Business 2010 製品版 28807円
Office Home and Business 2010 アップグレード優待 20385円
Office Professional 2010 製品版 48200円
Office Professional 2010 アップグレード優待 31,830円
アカデミック Office Professional 2010 DVD  23318円
Word 2010 製品版 12084円
Excel 2010 製品版 12003円
Outlook 2010 製品版 12980円
PowerPoint 2010 製品版 11980円
Access 2010 製品版 12000円
Publisher 2010 製品版 13200円
OneNote 2010 製品版 9800円

現在Office2003やOffice2007のCDをお持ちの方は、アップグレード優待を購入することできます。

また、製品の構成は以下のようになっています。

Office Personal (Word Excel Outlook)
Office Home and Business 2010 (Word Excel Outlook Powerpoint)
Office Professional (Word Excel Outlook Powerpoint Access Publisher OneNote)

一般に購入する時点で、インストールされているのはOffice Personalですので、それ以外のソフトが必要な場合は、単品で購入するか、上位のHome and Businessか、Professional を購入する必要があります。

前回のOffice2007の価格に比べると全体的に1万円ほど低価格になっているようです。
特に、単品のソフトの価格が安くなったのはいいことだと思います。

初心者の方は、Officeプリインストールのパソコンが買いやすいと思いますし、複数台のパソコンをお持ちの方は、パッケージで購入されるのがいいと思います。

今回OneNoteという新しいソフトが増えましたが、このソフトを一言で言えば、大学ノートみたいなソフトです。

科目ごとに、別々のノートを持つように、ソフトの中でノートを切り替えながら使うことができます。学生の方や、メモを分類しながらとりたいという方にはいいソフトだと思います。

意外と知らないのがPublisherというソフトだと思います。Publisherというソフトは、いろんな定型の印刷物や、不定形の印刷物を作る場合に便利なソフトです。

特にPublisher2010が持っているテンプレートは豊富で、自由自在に印刷物が作れそうな予感があります。

また、昔からあるけど使ったことがないというソフトがAccessというソフトです。今回Accessは単品でも買いやすい価格になったことで、データベースをAccessで作ってみようという人が増えるのではないかと思います。

パソコンもそろそろ新しくしたいと思っている方は、この機会にOffice2010にもチャレンジしてみてください。

NTT-Xストアのアドレスです
http://www.nttxstore.jp/_RH_1736

[PR]

by nokotopics | 2010-08-01 13:26 | PCソフト