<   2011年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


Word2010で不便になったグループ化操作

先日、パソコン教室でワード2010を教えていた時に、オブジェクトの複数選択が従来の方法から変化して、とても不便になっていることに気づきました。

普段はまだワード2003を個人的に使っているために、気づくのが遅れたのですが、おそらく使っている人は不便に感じているのではないかと思います。

ワード2003までは、図形描画のツールバーの中にある「オブジェクトの選択」という白い矢印で、複数のオブジェクトを囲めば、複数のオブジェクトが選択状態になって、その後グループ化を選択することで、簡単にグループ化することができました。

一方、ワード2007では、異なるオブジェクトの種類ではグループ化できなくなったりしており、このオブジェクトの複数選択とグループ化については、バージョンごとに方針が変わってきているように思います。

ワード2010になって、異なる種類のオブジェクトどうしもグループ化ができるようになったのはよかったのですが、「オブジェクトの選択」の矢印で複数選択することができなくなってしまったようなのです。

この問題については、マイクロソフト側の意向としては、「描画キャンバス」上にオブジェクトを配置すれば、それだけでグループ化された状態と同じだから、描画キャンバスを使ってほしいようなのですが、実際には描画キャンバスは使いにくいので、ほとんどの人は使っていないと思います。

インターネットでもこの問題については、質問も多くでているようなので、この問題についてお伝えしたいと思います。

今回、新たに動画を作成し、Youtubeにアップしましたので、そちらを見ていただこうと思います。まだ動画作成には慣れていないので、見づらい点もあるかと思いますが、よかったら見てください。



その後、Excel2010で同じようにグループ化を試したところ、全く問題なくオブジェクトの選択の矢印でオブジェクトを範囲選択ができることがわかりました。

このことから、この問題は、Word2010に限った問題のようです。

[PR]

by nokotopics | 2011-05-28 23:14 | PCソフト

デスクトップにある沢山のアイコンを整理するソフト

パソコンを使っていると、だんだんデスクトップ上にソフトのショートカットのアイコンや、フォルダアイコンが増えてきます。

「きちんと整理してDドライブや外付けのハードディスクなどに保存してください」とパソコン教室では生徒さんに教えているのですが、なにぶん情報が多すぎて、深い階層にしまってしまうとその情報を忘れてしまうことがあり、あえてデスクトップに出しっぱなしにしていることが多いのです。

最悪の場合には、デスクトップがアイコンで埋め尽くされて、新しくデスクトップ上に保存したファイルがどこにあるかわからない・・・なんてことも過去にありました。

そんな整理が苦手な人にも、これがあれば大丈夫というソフトがあります。

それが、「FENCES」というソフトです。(無料です)

ダウンロードはこちらからどうぞ

英語のページなので、わかりにいのですが、要は「Download Now」というボタンを押して、次のページで画面の一番上に出る黄色いバーをクリックして、「ファイルのダウンロード」をクリックすると、ほどなく保存画面が出てきますので、そこで保存ボタンを押して、デスクトップに保存します。

ダウンロードされた「fences_public.exe」からインストールすれば、すぐに使えます。

もちろん、日本語の対応もしています。

インストールはデフォルトの設定でも大丈夫だと思います。

とても便利なソフトなのですが、たまにびっくりすることもあるので、注意だけ書いておきます。

もし、何か設定をしていたら、デスクトップ上のアイコンがすべて消えてしまった!なんて状況になったら、落ち着いて以下の手順を行います。

デスクトップ上で右クリックして、「表示」-「デスクトップアイコンの表示」をクリックします。

そうすると、正常にすぐに戻ります。

この操作は標準のウィンドウズの操作なのですが、あまりに汚いデスクトップの状態を人に見せたくないときに、この操作を行うことで、デスクトップをまっさらにすることができます。

もちろん、同じ操作をすると、再び元の状態に戻りますので安心してください。

ちなみに、このソフトに頼りすぎると危険なので、なるべく1ヶ月に1回はデスクトップのアイコンの数は一定数以下にキープするようにしましょう。

[PR]

by nokotopics | 2011-05-23 19:27 | パソコン