「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧


アンドロイドOSのスマートフォンはパソコンと同じ

先日、とうとうアンドロイドOSのスマートフォン(ドコモ)を購入しました。ちなみに、購入したモデルはシャープの「AQUOS PHONE」というタイプです。

基本的な操作マニュアルは付属していましたが、結局は使って慣れるというのが一番みたいで、最初は文字入力もおぼつかなかったのですが、今では携帯電話での文字入力より便利だということがわかってきました。

購入したのは2週間くらい前なのですが、買ってみて最初の感想は、

「これってパソコンと同じだ」

ということでした。

普通にインターネットが見れるし、Gmailもできるので、パソコンを持ち歩いているのとあまり変わらない感覚でした。

ただ、やたら電源の消費が速い・・・・

電源に関しては、やはり持ち歩きの場合は外部バッテリーを持っていたほうが安心だと思います。

ただ、コンビニなどに売っているこれまでの携帯用の予備バッテリーがそのまま使えるので、その点は便利だと思いました。

それと、やはり家では無線LANを利用したほうが賢明です。ドコモ3G(たぶんauやソフトバンクも同じだと思いますが)のスピードはたいした速度がでません。

アプリなどのダウンロードやネットからのページのダウンロードをストレスなく行うためには、家の無線LANに接続するほうが断然いいようです。

アンドロイド携帯がパソコンと同じだと思ったのは、以下の点です。

1.デスクトップという概念があります

実際にデスクトップという言葉はないのだけど、最初に出てくる画面は、「シート」と呼ばれていて、このシートを増やすことができます。

2.プログラム(アプリ)一覧の画面があります

プログラム(アプリ)の一覧を見る画面を「ページ」と呼び、このページは必要に応じて増やすことができます。このページはアプリごとに分類わけすることができ、それぞれのアプリを希望する分類ページに移動することができます。

3.マルチタスクの機能があります

2つ以上のアプリを同時に起動させておくことができます。特に気づいたのは電話自体も1つのアプリであるという点です。つまり、電話しながら、他のアプリを起動するということも簡単にできます。ただ、複数のアプリを起動しすぎると電源の消費が多くなるので、こまめに閉じることも必要です。

4.デスクトップ上(シート上)にあるのはショートカットです

最初のシートには、アプリのショートカットを作成することができます。いらないショートカットは、ゴミ箱に捨てることもできます。(アプリ自体はなくなりません)

5.デスクトップ(シート)上に、個別の連絡先のショートカットを置けます

スマートフォンで電話をする場合、通常は電話帳を出して、人を選んで・・という操作が必要だと思っていたのですが、個別の連絡先のショートカットをシートの上に置いておくと、その人に電話やメールしたい場合に、2回のタップだけで電話やメールができます。

6.SIMカードを外しても、電話以外の機能はすべて使える

SIMカードがないと電話ができませんが、それ以外のアプリはSIMカードを外しても、家の無線LANに接続しておけば、問題なく動きます。ちなみに、無線LANのON/OFFは簡単にできますし、必要なときだけ接続することができます。

7.アプリケーションの削除が簡単に行えます

新しいアプリを試しにインストールしても、削除できないと困ります。このアプリの削除は、アプリケーションの管理の画面で一括して行えます。Windowsにある「アプリケーションの追加と削除」みたいな画面です。

---------------------

なお、スマートフォンを最初に使い始めたときに、すぐに画面が暗くなっていやだと思う方が多いと思います。私もしばらくは節電モードにすることがいいことだと思っていたのですが、むしろ画面のバックライト点灯時間は長くして、マニュアルボタンで画面を暗くするほうが便利だということがわかりました。

以上が私が感じたアンドロイド携帯の印象です。

携帯電話を使い慣れた人には最初は使いづらいと感じることも多いと思いますが、パソコンを使い慣れた人は、すぐに慣れてしまうのではと思いました。

[PR]