<   2013年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧


エクセル起動時にクリップボードがクリアされる不具合

ずっと疑問に思っていたトラブルが本日解決しました。

それは、コピー操作を行った後に、エクセルを起動して、それからコピーしたものを貼り付けようとすると、なぜかコピーしたものが消去されていて、貼り付けができないという問題でした。

ワードではこのような問題は起きていないので、エクセル固有のバグだろう、とずっと思っていました。

ところが、ネットを調べているうちに、この問題が、Adobe Contributeのエクセルへのプラグインによって起こっていることが判明しました。

Adobe Contributeなんてソフトは、普通の人が使わないソフトだと思いますが、AdobeのCSシリーズのパッケージを何気なく全部インストールすると、入っていることがあります。

このソフトは、ネット上にあるホームページをアップロードすることなく、画面上で更新などが簡単に行えるというソフトなのですが、私もほとんど使ったことがありません。

このソフトのプラグインがエクセル起動時にクリップボードを空にするなんて、全くの驚きでした。

以下がプラグインの読み込みをOFFにして、問題を解決する方法です。(Excel 2010の場合)

(1)スタートメニューのすべてのプログラムの中のMicrosoft Officeの中にあるMicrosoft Excelを右クリックして、プロパティをクリックする。

(2)互換性というタブを開いて、特権レベルの中の「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックする。

(3)エクセルを起動すると、ユーザーアカウント制御のダイアログが出てくるので、「はい」をクリックする。

(4)エクセルが起動したら、ファイルタブを選び、「オプション」をクリックする。

(5)左のメニューから「アドイン」をクリックする。

(6)アドインの画面の一番下にある管理と書かれた右にあるコンボボックスをクリックして、「COMアドイン」を選択したのち、設定ボタンを押します。

(7)COMアドインのダイアログが出てくるので、「Adobe Contribute Plugin」のチェックを外し、OKボタンを押します。

(8)エクセルを一旦終了します。

(9)最初に行った、エクセルのプロパティで、「管理者としてこのプログラムを実行する」のチェックを外してOKします。

(10)エクセルを通常起動すれば、問題は解決しています。

妙なトラブルでしたが、これまでのエクセルを起動後にコピーするという手順が、コピーしてからエクセルを起動するという手順でも貼り付けができるようになったのは、大きな進歩です。

[PR]

by nokotopics | 2013-08-31 21:50 | PCトラブル

Word2013で正常に戻ったオブジェクトの選択機能

長年パソコンを使っていると、マイクロソフトのソフト開発の迷走ぶりを何度も目にすることがあります。

その典型的なものが、ワードの「描画キャンバス」と「オブジェクトの選択」の機能です。

ワードには、挿入できるオブジェクトとして、

(1)オートシェイプ
(2)ワードアート
(3)写真やイラストのファイル
(4)クリップアート
(5)スマートアート

などが用意されています。

本来、ワードは文字を書くためのソフトですが、上記のようなオブジェクトをページ上に自由に配置できる機能も持っているのです。

これらのオブジェクトは、その種類に関係なく、「文字列の折り返し」設定で「前面」と設定すると、ページの上を自由に移動できるようになります。

この状態で、「オブジェクトの選択」の矢印で複数のオブジェクトを囲むことで、それらのオブジェクトをすべて選択できるようになります。

たくさんのオブジェクトを配置して、それをすべて選択した後、「グループ化」するという作業は、複雑な書類を作成するような場合は、必要な機能の一つです。

この機能は、ワード2003までは正常に機能していました。

しかし、この「オブジェクトの選択」の機能は、ワード2007とワード2010では正常に機能しなかったのです。

厳密に言えば、2007と2010では、「描画キャンバス」というものをまず挿入し、この中にオブジェクトを配置して、そこで「オブジェクトの選択」機能を使えば正常に動作したのですが、「描画キャンバス」の外では、この「オブジェクトの選択」機能が全く働かなくなっていたのです。

この問題は、ワードで画像を描く方にとっては、とても不便なものでした。

ところが、ワード2013になって、この「オブジェクトの選択」の機能が「描画キャンバス」の外でも正常に機能するようになったのです。

つまりワード2003の状態まで戻ったのです。

10年経って、元の機能に戻るというのも驚きですが、果たして一時の気の迷いだったのか、それとも大きな方向転換だったのかは、マイクロソフトに是非質問してみたいことです。

[PR]

by nokotopics | 2013-08-06 20:45 | PCソフト