「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


Windows XPとWindows 8の間のファイル共有

ファイル共有にについては、これまでも何度か書いてきましたが、Windows XPとWindows 8の間でのファイル共有について書くのは初めてですね~。

Windowsパソコンどうしのネットワークというものは、OSが統一されていないネットワークの場合には、ネットワークを組む段階でトラブルになりやすい傾向にあります。

Windowsのネットワーク設定は、Windows Vistaの頃から複雑になってきて、Windows 7で整理されてわかりやすくなってきていたのですが、Windows 8からは再びわかりにくいものになってきています。

困ったことは、Windows8と8.1の間で設定に違いがあることです。

それでは、まずWindows OSごとのファイル共有の違いについてです。

★Windows XPのファイル共有


ローカルエリアネットワーク(LAN)の中で、ワークグループ名が同じパソコンどうしはファイル共有が可能です。それまでのWindows 98の時代にはなかったWindowsファイアーウォールが組み込まれることで、ファイル共有をファイアウォールの例外として許可しておく必要がありました。

★Windows Vistaのファイル共有


ワークグループ名が共通であるという条件は同じですが、ネットワークの場所が「パブリック」と「プライベート」という2つのくくりとなり、ネットワーク設定と共有設定については、「ネットワーク探索の有無」、「ファイル共有の有無」、「パスワード保護共有の有無」などを設定できるようになりました。

★Windows 7のファイル共有


ワークグループ名が共通であるという条件は同じですか、ネットワークの場所が「ホーム」、「社内」、「パブリック」という3つのくくりとなり、ネットワーク設定と共有設定については、「ホームまたは社内」と「パブリック」のそれぞれに対して、「ネットワーク探索」、「ファイル共有の有無」、「パスワード保護共有の有無」などを設定できるようになりました。また、ネットワークの場所を「ホーム」とすることで、パブリックフォルダを共有できる仕組みができました。

★Windows 8のファイル共有


ワークグループ名が共通であるという条件は同じですが、ネットワークの場所(共有のON/OFFを切り替える)が「パブリック」と「プライベート」という2つのくくりとなり、それぞれについてネットワーク設定と共有設定を設定できるようになりました。ネットワークの場所については、ホームと社内が1つに統一されて「プライベート」というくくりになっているのは、Vistaに近い感じです。

※デスクトップの画面からパブリックとプライベートの切り替えができなくなり、スタート画面の「設定」の中の「ネットワーク」から切り替えを行うようになりました。

★Windows 8.1のファイル共有


ワークグループ名が共通であるという条件は同じですが、ネットワークの場所という概念がなくなり、「デバイスとコンテンツの検索」をオンにするか、オフにするかということで、プライベートネットワーク、もしくはパブリックネットワークという区分けをしています。さらに、ネットワーク設定と共有設定については、「プライベート」、「パブリックとゲスト」、「すべてのネットワーク」ということで、項目を分けて行うことになりました。

※デスクトップの画面からパブリックとプライベートの切り替えができなくなり、スタート画面の「設定」の中の「PC設定の変更」から「ネットワーク」を出して切り替えを行うようになりました。




Windows Vista以降は、共有フォルダの設定において、共有を行う人を設定し、その人に対してのアクセス許可を設定する必要があります。(具体的にはeveryoneという人を設定し、このeveryoneに対してアクセス許可をフルコントロールに設定することで、だれでもアクセスすることができるようになります)

このeveryoneの設定を加えることで、基本的にはOSが異なっても共有フォルダにアクセスできるようになります。(XP,Vista,7の間、Vista,7,8の間では問題ありません)

ただし、Windows XPからWindows 8(8.1)の共有フォルダにアクセスする場合だけは、everyoneに設定していても、ユーザ名とパスワードを入力するダイアログが出てきます。

この場合は、ユーザ名に「everyone」、パスワードは入力しないでOKボタンを押せば、無事アクセス可能となります。(一度認証されると、パソコンを終了するまでは認証は必要なくなります)

また、逆にWindows 8(8.1)のパソコンからWindows XPのパソコンにアクセスする場合でも、XP上の共有フォルダにアクセスできない場合があるようです。これは、Windows XPのパソコンのアカウントにパスワードが設定されている場合ではないかと思われます。

このような場合は、Windows 8(8.1)のコントロールパネルの中の「ユーザーアカウント」の設定に行って、左のタスクメニューから「資格情報の管理」をクリックします。そして「Windows資格情報」を選択後、「Windows資格情報の追加」を行います。

インターネットまたはネットワークのアドレスの欄には、XPのパソコンのコンピュータ名を入力し、ユーザー名とパスワード欄には、XPにログインするときのアカウント名とパスワードを入力します。そしてOKボタンで登録されます。

この方法によって、Windows 8からXPの共有フォルダへのアクセスが可能になることがあるようなので、うまくアクセスできない場合は、試してください。

いずれにしても、パソコン間のファイル共有は、ウイルス対策ソフトの影響、ネットワーク上の他のパソコンの影響、ルータ設定などの影響などによっても設定がうまくいかない場合がありますので、1つの原因だけと考えないで、ネットワーク全体のことも考えながら設定することが大切です。
[PR]

by nokotopics | 2014-02-25 16:51 | PCトラブル

Windows XPパソコンを救う「Puppy Linux」

Linuxなんて、難しすぎてわかるわけない!と考えている方にも、Puppy Linuxはすぐに使えてしまう画期的なLinux OSです。

c0187320_20231376.png

さらに、どんな非力なパソコンでも、スカスカ動いてしまうんです。

Windows XPを持っている方の中には、インターネットやメールが快適に使えれば十分なんだけど・・・いう方も多いのではないでしょうか?

また、新しいパソコンは購入したけど、まだ動いているWindows XPパソコンを捨てるには忍びないと思っている方もいるかと思います。

もちろん、2014年4月9日以降は、Windows XPのパソコンでインターネットに接続することは、非常に危険なことになります。おそらく、世界中のウイルス作成者の悪者たちは、Windows XPをターゲットにしたパソコン乗っ取り型のウイルスを大量にネット上にばらまいてくると思われます。

そんな中でWindows XPをネット接続するなんてことは、絶対にやめてください。

かといって、Windows XPパソコンを捨てることはありません。ネットワークアダプタの設定のプロパティから、「TCP/IP」の設定を固定IPアドレスに変更して、DNS欄を空白にすれば、インターネットには接続しないで、内部のネットワークには参加できる状態でXPのパソコンを使うことができます。

(USB経由でウイルスをもらうことがあるので、ウイルス対策ソフトをどうするかはちょっと考えなければなりませんが・・・)

そこで、このXPパソコンに全くインストールすることなく使えるPuppy Linuxを導入することで、Puppy Linux上から安心してインターネットやメールをすることができるのです。

Puppy Linuxはネットから無料でダウンロードでき、ブートCDを作成できます。さらに、CDから起動後に、ブートUSBメモリを作成することができるので、最終的にはUSBメモリだけでPuppy Linuxが動くようになります。

Puppy Linuxは、Windows XPパソコンのハードディスクには全く傷ひとつつけることなく導入でき、USBメモリを外せば、これまでのWindows XPが全く同じ状態で使えます。

Puppy LinuxのPuppyとは犬の名前で、起動すると「ワン」と鳴きます。

最初から完全に日本語に対応し、Windows XPよりも高速に動作して、Youtubeも簡単に閲覧できるという魔法みたいなLinuxなのです。

通常のLinuxと決定的な違いは、ユーザー側がシステムをカスタマイズすることができないという点です。
データや追加したソフトなどは、別のファイルに蓄えられ、終了時に保存されます。

つまり、システムとデータが完全に分離された構造を持っているので、メモリ上にウイルスが感染したとしても、再起動すれば完全なシステムが再び読み込まれるために、ウイルスが生き残ることができない構造になっているのです。

このため、Linuxでは頻繁に行われるアップデートも全くなく、アップデートで無駄な時間を消費するようなことも全くありません。

日本語版の最新版はこちらのURLからダウンロードできます。
http://sourceforge.jp/projects/puppylinux-jp/

このページの中の「precise-571JP.iso」をダウンロードして、CDに焼けばそれがブートDiscになります。
(isoファイルを起動するだけでCDに焼けます)

パソコンのBIOS設定でCDブートの優先順位をハードディスクより上に上げれば、CDからブートして、Puppy Linuxが起動します。

起動後、USBメモリ(1GB以上あればOK)を差し込んで、ブートUSBを作成します。

このブートUSBから起動するためには、少しコツが必要です。それは、ブートUSBはハードディスクとして認識されるからです。BIOSのハードディスクのブート順序から、USBメモリを最上位にしておけば、USBメモリから起動できるようになります。

USBメモリとして起動後、(1)ネットワークの設定、(2)Flashの導入、(3)メールの設定、(4)プリンタの設定などを行えば、すぐに使える状態になります。

もちろん、ワードやエクセルのファイルを読み込めるソフトなどはついていますので、通常のお仕事にも十分使える性能を持っています。

ネット上にあるLinux(Ubuntu系)のソフトをインストールして使うことも可能です。

これまで、WindowsやMacしか使ってこなかった人にも、抵抗なく使えるPuppy Linuxは、これから絶対にヒットするOSになっていくと思いますので、ぜひ興味のある人は使ってみてください。
[PR]

by nokotopics | 2014-02-17 20:26 | パソコン

RaspberryPiという極小パソコンがあります

ひょんなことから、メールでRaspberryPiというものを目にして、衝動買いしてしまいました。

RaspberryPiというのは、イギリスのケンブリッジ大学の教授らが設立した慈善団体である「ラズベリーパイ財団」が開発した名刺サイズのコンピュータです。

世界の貧しい国でもコンピュータ技術や電気工作を子供たちが学習できるようにという意図で作られたコンピュータで、価格は35ドル(約3500円)です。

もちろん、RaspberryPi自体はメイン基板とポートだけのものですが、ディスプレイやキーボードやマウスは一般の周辺機器を使用できますし、LANポートを持っているのでインターネットにも接続することができます。

OSはインターネットからダウンロードできる専用のLINUXベースのOSを無料で使用することができます。

そして、このRapsberryPiの一番の特徴が、ハードディスクの代わりにSDカードを使うという点です。

このRapsberryPiは、単なるパソコンではなく、電子制御の仕組みや、プログラミングなどの幅広く学ぶことができるもので、世界中で200万台以上が販売されており、最近日本でも注目されてきています。

c0187320_19275422.jpg

c0187320_1928973.jpg

c0187320_19282020.jpg

c0187320_19283124.jpg

c0187320_19284583.jpg


基本的には、このハードだけを購入しても使い方はわかりませんので、関連書籍を買う必要があります。

私が購入したのは「名刺サイズの魔法のパソコン Rapsberry Piで遊ぼう!」(林和孝著)です。

興味のある方は、まずは書籍を見てから、ハードを購入した方がいいと思います。
ちなみにハードはAmazonでも売っていますよ。
[PR]

by nokotopics | 2014-02-04 19:39 | パソコン