<   2014年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


iMacにWindows7をインストールする方法

c0187320_12121078.jpg


ほとんどの方は、Windowsを使っていると思いますが、MacにはBootCampという機能があって、MacなのにWindowsをインストールできる機能があります。

私もiMac Miniの中にWindows7を入れて使っている一人です。

今週、お客様から依頼されて、最新のiMac(デスクトップ)にBootcampを使ってWindows7を導入したのですが、以前とやり方が違っていたので、メモ的に記録しておこうと思います。

まず、驚いたのは最近のiMacには、CD/DVDドライブが内臓されていないということです。このため、デスクトップパソコンなのに、外付けのCD/DVDドライブを買い足さねばなりません。また、BootCampのインストールには、FATフォーマットされたUSBハードディスクが必要なのです。

とりあえず、手順を追って説明します。

◆用意する材料:

(1)iMac本体
(2)キーボード(本体に付属のものでいい、いずれはWindows用も必要となります)
(3)マウス(本体に付属のマウスと別に、通常のWindows用のUSBマウスが必要)
(4)USBの外付けハードディスク(FATフォーマット)
※USBフラッシュメモリではダメで、ちゃんとしたUSBのハードディスクが必要です。
※このUSBハードディスクはFAT32フォーマットされている必要があります。

(5)USBのCD/DVDドライブ(Mac用でも、一般的なものでもいいが、Mac用の方が安全)
(6)Windows 7のインストールディスク

◆準備 :

1.まずMac自体のセットアップを行います。(アカウントとパスワードの設定など)
※アカウントとパスワードはとても重要です。覚えやすいものにします。

2.セットアップが終了したら、本体にUSBのCD/DVDドライブを接続します。

3.CD/DVDドライブにWindows7のディスクを入れます。
※画面上にディスクのアイコンが表示されます。

4.次にUSBハードディスクを接続します。
※画面上にドライブのアイコンが表示されます。
※このUSBハードディスクはFAT32フォーマットされている必要があります。
※Dock→Launchpad→ユーティリティフォルダ→ディスクユーティリティでフォーマットのタイプを変更できます。

◆BootCampでのWindows7のインストール :

※操作の途中でパスワードを入力することが何回かあります。

1.画面の下にあるDockからLaunchpadを開いて、ユーティリティフォルダからBootCampアシスタントをダブルクリックします。

2.ウィザードが始まるので、その中でまず、Windowsサポートソフトウェア(ドライバなど)をダウンロードする操作を選択します。(チェックボックスが3つ出てくるので、その2つ目だけチェックです)

3.USBハードディスクに対して、ソフトウェアをダウンロードします。
※終了後もUSBハードディスクは接続したままにしておきます。
※このソフトウェアはMac専用の機器のWindows用のドライバソフトです。

4.次に再びBootCampアシスタントを起動して、こんどはWindows7のインストールを行います。(チェックが3つ出てくる中の3つ目だけチェックです)

5.最初にハードディスクのパーティションサイズの調整があるので、MacとWindowsのハードディスク容量をマウスでドラッグして設定します。

6.Windows7をインストールするパーティションを選択する画面になったら、ここでBootCampと書かれたパーティションを選びます。

7.このままでは、このパーティションはMac用のフォーマットになっているので、オプションを押して、フォーマットをクリックします。(NTFSフォーマットに変更されます)
※ここでBootCampというパーティション名が別の名称に変わりますが問題ありません。

8.そのパーティションを選択した状態で、インストールを実行します。

◆Windowsのセットアップ中の操作 :

Windowsセットアップの中で、Mac用のマウスが反応しなくなります。
そこで、Windowsの画面になったら、通常のUSBマウスを接続してください。
アカウント名やコンピュータ名やパスワードなどを設定してください。

◆Windowsのセットアップ終了後の操作 :

Windowsがセットアップされても、機器のドライバはインストールされていません。
また、BootCampというソフトをWindows側にインストールしないと、MacとWindowsを行き来することができません。

Windowsのセットアップがすべて終わったら、Windowsのコンピュータを開いて、USBハードディスクを開き、その中にあるBootCamp.exeをダブルクリックして、BootCampとドライバソフトをインストールしてください。
※すべて自動でインストールされます。

------------------
このように、BootCampを使ったWindows7のインストール操作は、かなり面倒なものでした。

以前は、もっと簡単だったのに、新しいMacでは不便になった感じがします。

USBのハードディスクの代わりに、最初は、USBフラッシュメモリを使ってインストールを試みたのですが、この場合は、Windowsのインストールに失敗してしまいます。

Windowsのインストールを途中でやめた場合、起動時にMacが起動しなくなります。
これは、起動するパーティションがMacからWindows側に変更されているためです。

この場合は、optionキーを押しながら起動してMacを選ぶか、PRAMクリアをしてください。

PRAMクリアのやり方は、Option+Command+P+Rの4つのキーを起動時に押して、起動音が2回以上なるまで待ってキーボードから手を放します。

Macの場合、トラぶったら、このPRAMクリアが有効です。

Windowsのインストールに失敗した場合は、再度BootCampを起動すると、BootCamp領域の削除という項目が出てきますので、一旦削除してからやり直してください。

iMacだけじゃなくてMacBookなどでもやり方は同じだと思います。

-----------------

USBハードディスク(FATフォーマット)が必要という点だけが、インストールを難しくしていると思います。アップルは、どうしてUSBフラッシュメモリではダメとしたのかが、いまだに不明です。

昔は、WindowsサポートソフトウェアはDVDにも書き込めたんですけどね。
今回のWindowsサポートソフトウェアは1.3GB程度ありました。
もしかしたら、Windowsインストール中にも、USBハードディスク中にあるプログラムを参照するので、別々のデバイスが必要になったのかもしれません。

これから、BootCampを使う方に、参考なればと思います。
[PR]

by nokotopics | 2014-03-29 12:21 | パソコン

Windows8のタッチディスプレイはタッチOFFにできない

Windows 8(8.1)になってから、多くのパソコンでタッチディスプレイが採用されています。

タッチディスプレイは、マウスで操作を行う時の補助的な機能として使われている方が多いと思うのですが、パソコンを見ながら、人に対して何かを説明しているときに、何気なく指でタッチしてしまい、全然違う画面に飛んでしまうようなこともあると思います。

先日、Windows 8.1のタッチディスプレイの機能をOFFにする方法はないのかと、さんざん調べたのですが不思議なことにOFFにする方法がなさそうだ・・・という結論に至りました。

・・・もし、その方法があるのであれば、教えてください・・・m(__)m。

もちろん、デバイスドライバの設定をなんとかして・・・という方法はあるのかもしれませんが、そういう方法は一般的な方法ではないので、少なくともコントロールパネルには、OFFにしたり、感度を調節するような設定はないようです。

一方、Windows 7のパソコンでタッチディスプレイを使っている場合は、コントロールパネルの中の「ハードウェアとサウンド」の中に、「ペンとタッチ」という項目があって、ここでOFFにすることができるようです。

もちろん、Windows 8(8.1)では、タッチディスプレイがあったほうが圧倒的に使いやすくはなるのですが、間違って軽く触った程度で画面が変わってしまうというのも困るので、できれば感度の調整みたいなものがあるといいなあと思いました。

スマートフォンなどでは、タッチの感度調整ができるようなので、メーカーさんにはぜひ今後の課題にしていただけたらと思いますね。

ちなみに、唯一得た情報は、Windows 8のチャームの検索欄に「Tablet PC 設定」と入力すると、結果に「Tablet PC 設定」と出てくるパソコンについては、その設定の中でタッチ感度のキャリブレーションができるかもしれないということです。(ヒューレットパッカードのヘルプ情報です)

[PR]

by nokotopics | 2014-03-22 13:58 | パソコン