<   2014年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧


無線LAN接続時だけ、ネットワークが見えないトラブル

Windows 7の場合でいえば、ネットワークに接続すると、「家」「職場」「公共の場所」という3つのセキュリティタイプを選択することができます。ここで「家」と「職場」を選択し、さらに共有の設定で「ネットワーク探索を有効にする」と設定すれば、少なくとも同じワークグループに属するパソコンは見えるようになるはずです。

「家」または「職場」・・・・プライベートネットワークと呼ばれ、セキュリティーがゆるい状態です。
「公共の場所」・・・・パブリックネットワークと呼ばれ、セキュリティが厳しい状態です。

今回、有線LANに「家」または「職場」で接続した場合は、まわりのパソコンが見えるのに、無線LANに「家」または「職場」で接続すると、まわりのパソコンが見えないという現象に遭遇しました。
(同じネットワーク環境で、同じパソコンの場合です)

これは、Windowsのファイアーウォールの問題ではなく、インストールしているセキュリティーソフトが持っているファイアーウォールの影響のようなのです。

個人的には、「カスペルスキーインターネットセキュリティー」という強いセキュリティを持つウイルス対策ソフトを使用しているのですが、無線LANに接続したときだけ、ネットワーク探索ができず、まわりのパソコンが全く見えてこないという現象が生じました。

恐らく、他のウイルス対策ソフトにおいても、同じような現象が生じている可能性もあると思います。

この原因について調べてみたところ、パソコンの設定が「家」や「職場」という状態、つまり「プライベートネットワーク」の状態であっても、ウイルス対策ソフトの設定は、「パブリックネットワーク」の設定になっていることがあるということでした。

カスペルスキーのファイアウォールの設定を深く見ていくと、有線LANのアダプタのファイアーウォールは「プライベートネットワーク」の設定になっているにも関わらず、無線LANで接続しているSSIDのファイアーウォールは「パブリックネットワーク」になっていました。

ちなみに、無線LANで接続している状態で「ネットワークと共有センター」を見ると、「社内ネットワーク」となっており、決して「公共の場所」を選んでいるわけではありません。

つまり、無線LANの場合は、ネットワークの種別に関わらず、一律「公共の場所」としてウイルス対策ソフトが設定を行っていたということです。

そこで、ウイルス対策ソフトで、接続しているSSIDのファイアーウォールを「パブリックネットワーク」から「プライベートネットワーク」へと変更してみました。

すると、有線LANの場合と全く同じようにまわりのパソコンが見えるようになりました。

このように、無線LANの場合は危険性も考慮した設定がデフォルトになっていることがあるので、有線LANと無線LANを混合してネットワークを組むような場合は、ウイルス対策ソフトのファイアーウォールに対しても注意が必要だと思います。

[PR]

by nokotopics | 2014-04-15 19:55 | PCトラブル

サポート終了後もXPを使うために今やっておくこと

とうとうあと2日でWindows XPのサポートが終了することになります。

すでに、テレビやネットで繰り返し報道されていますし、XPを使っている方にはサポート終了のお知らせダイアログがでていますので、まさか知らない人はいないと思います。

しかし、Windows7や8のパソコンがすぐに手に入らず、しばらくはXPのパソコンを使わざるを得ないという方も日本国中にはたくさんいると思うのです。

確かに、Windows Updateがなくなり、ネットからのウイルス感染やメールからのウイルス感染の危険性が増すことは間違いありません。

しかし、どうしてもXPを使いたいという方のために、今何をすべきかという点を書いておこうと思います。

1.Windows Updateをマニュアルで行い、カスタムインストールで、インストールされていない更新をできるだけ更新してください。

一般に画面上に自動で出てくる更新は、重要な更新しか出てきていません。そこで、スタート→すべてのプログラム→Windows Updateをクリックします。しばらくすると更新のタイプを選ぶボタンが出てくるので「高速」ではなく「カスタム」をクリックします。

カスタムでは、これまでインストールされていない更新が表示されますので、更新可能なものはできるだけ更新を実行してください。(何度か再起動を求められるものもあります)

2.Adobe Readerの最新版をインストールしてください

現時点のAdobe Readerの最新版は、11(XI)です。Adobe Readerのページに直接行って、最新版をダウンロードし、インストールします。

こちらのページからダウンロードとインストールができます。

「今すぐインストール」のボタンが見えない場合は、「別の言語版または別のオペレーティングシステムをお持ちですか?」をクリックして、Windows XP SP3、Japanese、Reader11.0.06 Japanese for Windowsをそれぞれ選び、「今すぐダウンロード」ボタンを押して、ダウンロードとインストールを行います。

「実行する」ボタンを押せば、ダウンロードからインストールまで一連の作業が進みます。

3.Adobe Flashのページに行って、最新版のFlash playerをダウンロードします

こちらのページからダウンロードとインストールができます。

「今すぐインストール」ボタンを押して、実行ボタンを押せば、インストールできます。(途中ブラウザを閉じるように指示があります)

4.Google Chromeをインターネット用のブラウザとして使い、IE(インターネットエクスプローラー)を使わないようにします。

IE(インターネットエクスプローラー)のアップデートはWindows Updateがなくなると自動的に停止してしまいます。このため、ブラウザとしてIEを使用するのは危険です。Google Chromeの場合は、起動時に自動でアップデートが行われるしくみになっています。

画面上に見えるIEのアイコンはなるべく削除して、Google Chromeを既定のブラウザに設定してください。

Google Chromeは、IEに比べると設定などがわかりにくいかもしれませんが、IEのお気に入りなどの設定を取り込めるので移行は簡単です。ただし、設定画面で細かい設定をしないと使いにくいと思います。

5.メールはGmailを使用します

これまで使用していたOutlook ExpressやOutlookなどのメールはとても危険になります。GmailはGoogle Chrome上で使えるWebメールです。Gmailは自動でウイルスを駆除してくれますし、迷惑メールも排除してくれるので、パソコンにウイルスが直接感染することはありません。

Gmailを持っていない方は、この機会に新規に作成してください。
GoogleのトップページからGoogleアカウントを作ればいいだけです。

6.一般のウイルス対策ソフトを入れてください

Windows XPにおいてMicrosoft Security Essentialsをウイルス対策ソフトとして使用している方は、サポート終了と同時に、Microsoft Security Essentialsのアップデートが行われなくなります。一般的に売られているノートン、ウイルスバスター、カスペルスキーなどのソフトをインストールして、ウイルスの感染を防ぐ必要があります。

7.データのバックアップをしましょう

XPを使っていると、今後いろんな問題が出てくることもあるかもしれません。大切なデータはこの機会に整理して、外付けのハードディスクなどにバックアップしておきましょう。

------------------------

実際には、4月9日以降どのようになるのかはわかりませんが、日本国中にはまだまだ多くのXPパソコンが稼働し続けることは間違いないようです。

一方で、4月9日以降、XPパソコンをターゲットにしたウイルスが増えてくると思われます。

出来るだけ早く、Windows7や8にすることが望ましいのですが、様々な理由でXPパソコンを使い続けなければならない場合は、なるべくインターネットへの接続をしないことと、フリーソフトなどのインストールには十分注意をすることが必要です。

いずれにしても、会社などで個人情報などを取り扱っているような場合は、XPのパソコンでは保護することが難しいので、できるだけ早くWindows 7のパソコンに交換するようにしてください。

[PR]

by nokotopics | 2014-04-07 18:04 | パソコン

ネットワークの構築で失敗したお話

先日、ネットワークの構築でつまずいてしまった話です。

新しいパソコンをセットアップして、ネットワークに参加させたのですが、ネットワークを開いても、まわりのパソコンが全く見えないんですね。

これって、共有の詳細設定の変更の中の「ネットワークの探索を有効にする」が無効になっているんだろうと通常は考えると思いますが、ちゃんと有効になっています。

ワークグループ名も同じだし、ちゃんとPINGも飛んでるのに、どうしてまわりのパソコンが見えないのかとさんざん悩みました。

コンピュータの管理から、「Computer Browser」と「Workstation」のサービスが動いていることも確認したり、アダプタのプロパティからTCP/IPのプロパティからWINSの設定でNetBIOSが既定値になっていることを確認したり、TCP/IPのIPv6をOFFにしてみたりといろんなことをやってみたのですが、全く効果がありませんでした。

さらに、セキュリティーソフトのファイアウォールをOFFにしてみたりもしましたが、これも効果なし。

一番、不思議に思ったのが、ネットワークを開いても、ネットワークの探索を行っている気配が全くなく、自分のパソコンしか見えないという点でした。

OSがWindows7 Proだったので、Proって何か特別なことがあったけ?ということまで考えたりしたのですが、どうしても解決できませんでした。

最終手段として、LANドライバを一旦削除して、構築しなおしたら・・・とも考えました。

ところが、数日後にネットワークを見たら、まわりのパソコンが見えているんですね。

何もしていないのに、これはどうして?

そこで、もしかしたら・・・と思い、他のパソコンのコンピュータ名をチェックしたところ、何と設定したパソコンと同じコンピュータ名のパソコンが存在していたんです。

そこで、コンピュータ名を変えてみると、全く問題なくすべてのパソコンが見えるようになりました。

すごく単純な話ですが、コンピュータ名が重なるというだけで、ネットワークが全く見えなくなるというのはとても驚きでした。

どうも、同じコンピュータ名の場合は、先に起動したパソコンの方だけはネットワークが見えているのに、後で起動したパソコンでは、自分のパソコンしか見えないという現象が生じるようです。

ということで、一件落着でした。

[PR]

by nokotopics | 2014-04-02 14:28 | PCトラブル