Adblock Plusでバナー広告をブロックする

Adblock Plusというフリーソフトを使うことで、インターネットでページを見たときのバナー広告を非表示にすることができます。

このソフトは、それぞれのブラウザごとにインストールする必要があります。

こちらのページに行くと、IE,Opera,Safariなどのブラウザごとのソフトが紹介されています。
http://jp.uptodown.com/browser-plugins

一方、FirefoxやChromeの場合は、アドオン(拡張機能)の追加から「Adblock Plus」を検索して、インストールすることができます。

本来は、広告バナーというものは、わざわざ非表示にしなくてもいいようなものですが、最近は間違ってクリックすることでウイルス感染したりするようなバナーが増えてきたので、このようなソフトの需要があるのだと思います。

個人的には、カスペルスキーインターネットセキュリティーというウイルス対策ソフトを使っているので、わざわざこのソフトを使う必要がありません。

それは、カスペルスキーの設定で、「アンチバナー」をONにするだけで、コンピュータ内のブラウザ全てにおいて、広告バナーを非表示にしてくれるからです。

残念ながら、カスペルスキー以外のウイルス対策ソフトでは、このような機能がないようなので、「Adblock Plus」を導入している方が多いようです。

本来、インターネット自体は、広告収入で運営されているサイトも多いので、このようなソフトが普及しすぎることは、結果としてよくないのですが、広告仲介業者が、広告バナー自体のウイルスチェックを怠っていることがこのような事態を招いているので、しばらくはこのようなソフトが普及することで、広告主のモラルを正していくのがいいと思われます。

また、行動ターゲッティング広告なども、度を超えて表示されるといやなものです。IT企業側も、それなりの節度をもったプログラム開発をしていかないと、広告バナーを消される運命にあることを知るべきです。

同じようなことがいえるのが、Adobe ReaderやJavaなどのアップデートです。

アップデートのたびに、関係ないツールバーやソフトをインストールさせようというやり方は、正当なやり方ではありません。

一般に、無料のソフトに付属してインストールをさせるソフトの大部分は、コンピュータに大きな影響を与える危険なソフトが含まれていることがほとんどです。

必要なソフトを手に入れてインストールする際には、危険なソフトがインストールされないように注意する必要があります。

Adblock Plusのようなソフトは、インターネット社会における両刃の刃といったものだと思いますが、もう広告はうんざりという方にはおすすめのソフトです。

[PR]

iPhoneとAppleの問題点をあえて言います

毎日の電車の中で、一番目にするのが、AppleのiPhoneを持つ人たちです。中には、2台を左手と右手にもちながら、忙しくタッチしている人もいます。

iPhoneは、スマホの中でも画面の操作性や、使いやすさ、わかりやすさなどはピカイチと言ってもいいと思います。

しかしながら、iPhoneを取り巻くApple全体のシステムについては、かなり問題点が多いと言わざるを得ません。

最近は、パソコンだけでなく、スマホの相談もよくあるのですが、その中でもiPhoneやiPadに関するトラブルもかなり多くなってきています。

iPhoneに限らず、一般的にスマホでトラブルになるケースの大半は、新しい機種を購入した時のデータや設定の移行ができないというものです。

iPhoneとAppleの根本的な問題点は、Apple IDにあまりにも大きな権限と義務を持たせすぎていることに起因しています。

つまり、アプリの購入のたびにパスワードを入力するやり方や、サインアウトするだけなのにパスワードを求めてくるやり方、iTuneにiPhoneを登録するときや、データのバックアップなどの場合にもすべてApple IDで管理が行われているやり方などです。

もし、Apple IDやパスワードなどを変更したり、パスワードを忘れてしまった場合には、それまでのデータを復元することはもとより、そこで登録したすべてのサービスが無効になってしまうという危険性があります。

アップルの電話サポートについても、本人確認のためにはApple IDとパスワードが必須であり、それ以外で本人を確認する手段はほとんどないようです。たとえ、Apple IDと連携しているクレジットカードを手元に持っていても、本人とは認められないようです。

さらに怖いのは、パスワードを忘れたときに、3回以上間違ったパスワードを入力してしまうと、Apple IDにロックがかかり、それを解除するためにはウェブ上のiForgotというサイトに行き、パスワード再設定のメールを受信する手続きを行うといった大変面倒なセキュリティ手続きが課されています。

このようなセキュリティ手続きは、Apple IDやパスワードを忘れなければ、まず問題ないと思われますが、iPhoneを買い替えるという時点で多くのトラブルを引き起こす原因になっているのです。

日本では、iPhoneはソフトバンク、au、ドコモの3社のキャリアが販売しています。この3社の競争を加速させたのが、電話番号を変えないで他社のスマホに移動することができるMobile Number Portability(MNP)、通称ナンバーポータビリティと言われるしくみです。

このしくみにより、ドコモからソフトバンクとか、ソフトバンクからauというように、電話番号を変えずに移動できるようになったのですが、最初のiPhoneで取得していたApple IDが、ソフトバンクのメールアドレスだったり、ドコモやauのメールアドレスだった場合に、トラブルが発生します。

つまり、電話番号は持って移動できても、キャリアから与えられたメールアドレスは持っていけないということが悲劇を生んでいます。

具体的に言うと、最初のソフトバンクのiPhoneで設定したApple IDが、「apple@i.softbank.ne.jp」だった場合、ドコモのiPhoneに切り替えると、このソフトバンクのメールは受信できないようになります。

この段階では、Apple IDのパスワードを変更しようと思っても、メールが受信できずにパスワード変更の手続きができません。また、Apple IDがロックされてしまった場合でも、その解除が不可能となります。

つまり、Apple IDには、キャリアのメールアドレスを使ってはいけないのです。しかし、日本のiPhoneユーザーの多くは、キャリアのメールアドレスをApple IDにしているのではないかと思います。(このような場合、My Apple IDのページから、Apple ID自体を変更することも可能です)

さらに、iPhoneの問題点として、データのバックアップの問題があります。2台目のiPhoneを購入して、最初のセットアップを行うときに聞かれるのが、「iCloudバックアップから復元」と「iTunesバックアップから復元」の2つの手段です。

iCloudバックアップを使う人は少ないと思いますが、本当にiCloudにすべてのバックアップがとられていると思ったらそれは大きな間違いです。

それは、iCloudにデータをバックアップするためには、LTEの回線ではなく、WiFiの回線が必要だからです。つまり、無線LAN経由でしかiCloudにはアクセスできないということなのです。iPhoneの設定からバックアップをする設定にしていても、実際にはバックアップされていないことの方が多いのです。

一方、iTunesバックアップにも問題があります。iTunesを使うためには、WindowsやMacのパソコンが必要です。さらにiTunesをインストールして使い方に精通しておく必要があります。

当然、Apple IDが変わっていないことが、バックアップから戻せる条件になっています。このバックアップからの復元の場合は、データジャンルを選択してバックアップすることはできません。すべての設定やアプリ、写真やビデオなどがまとめてバックアップから復元されます。

このため、新しいApple IDを取得した場合、古いApple IDのデータを引き継げるかといえば、それは無理というしかありません。つまり、Appleの考え方は、人が基準ではなく、Apple IDが基準になっているという点で、トラブルが生じやすい構造になっています。

この点、アンドロイドのスマホは、これほど厳しいID管理を行っていません。パソコンに接続すれば、外付けハードディスクと同じようにデータをパソコンに移し替えることができます。アンドロイドのスマホの場合は、GmailがIDになっていますので、もちろんGmailのパスワードを忘れると困るのですが、IDの権限が及ぶ範囲が少ないので、データバックアップからの戻しなどについては、比較的自由度が高いといえます。

ということで、iPhoneを使っている人に言いたいことは、

1.受け取れないメールをApple IDにしてはいけません。
2.もし1の場合は、予備のメールを必ず登録しておいてください。
3.iCloudはあまりあてにしてはいけません。
4.バックアップは、iTunesで行いましょう。
5.パソコンのアップデートやiTunesのアップデートは日々行っておきましょう。
6.新しいiPhoneにバックアップの復元が終わるまでは、古いiPhoneを販売店に返してはいけません。
7.Apple IDのパスワードは、よほどのことがない限り、変更してはいけません。
8.Apple IDやパスワードは、必ず紙に書いて、手元に保管しておいてください。

今後のiPhoneのためにAppleの関係者の方に伝えておきたいことは、

1.パスワードを忘れた人や、Apple IDのメールが受け取れない人にための救済方法を拡充していほしい。
2.パソコンや無線LANを持っていない人のために、古いiPhoneのデータを新しいiPhoneに移動できるシステムを開発してほしい。(有料でもいい)
3.電話サポートでの本人確認の方法の手段について、よりよい方法を考えてほしい。

以上です。

[PR]

Apple IDには、必ず代替メールアドレスを登録しよう

最近スマートフォンが普及する中で、問題になっているのがパスワードを忘れるという問題です。

ノコテック・ラボのパソコン教室にも、パスワードがわからないので困っていると駆け込んでくる人が増えています。

iPhoneの場合のApple IDとパスワード、Androidの場合のGoogle IDとパスワードという組み合わせは、とても似ており、いずれもIDはメールアドレスが使われています。

しかし、iPhoneの場合は、パスワードは8文字以上で英字、数字の組み合わせで、英字は1文字以上の大文字を含む必要があり、とても複雑です。

問題が起きるのは、iPhoneやAndroidのパスワードを変更してしまった後に忘れてしまうというケースがほとんどです。

世間一般には、パスワードは決して紙などに書かずに覚えておいて、定期的に変更するのが望ましいなどともっともらしく言っている文章を目にしますが、これは全くの間違いです。

私としては、「パスワードは必ず紙に書いて保存し、めったなことでパスワードを変更すべきではない」と言いたいと思います。

恐らく、一般的な人で考えれば、パスワードを盗まれて悪用される確率よりも、パスワードを忘れたためにデバイスにログインできずにデータや大切な情報を失う確率の方が、何十倍も大きいと思います。

そういう意味で、パスワードを忘れることは、セキュリティー上で一番ヤバイことだと思います。

とはいっても、人間ですから、忘れることもあるでしょう。そういう場合に備えて用意しておきたいのが、予備のメールアドレスをApple IDやGoogle IDに必ず登録しておくという習慣です。

最初に登録するときに、予備のメールアドレスを登録しなかった人は、パソコン上でAppleやGoogleのアカウント情報編集の画面に行って、代替メールを設定しておくといいでしょう。

もう1つ、iPhoneやAndroidでは、アプリを購入するためにIDに対してクレジットカード情報を登録している方も多いのではないでしょうか。

もしパスワードを忘れてしまった場合、アカウント情報の削除もできないため、クレジットカード情報が永久にAppleやGoogleのデータベースの中に保存されることになり、それも危険なことだと思います。

もちろん、パスワードがわからなくなったら「秘密の質問」という手段もありますが、そんな質問なんて全く覚えていないという人がほとんどです。

さらに、パスワード再設定のメールを発行して、IDとして登録したメール側でその再設定メールが受け取れれば再設定が可能なのですが、メールがすでに受信できない状態になっていることも多々あります。

そういう場合に、代替メールアドレスを登録しておけば、そのメールにパスワード再設定メールを送って、再設定が可能になるというわけです。

いずれにしても、「パスワードを変更してください」なんて画面が頻繁に出てくることが多くなっているのは、ユーザーのためというよりは、企業側として「私たちは、ちゃんとユーザーに対してパスワードの定期的な入れ替えを促していますよ」というスタンスだと思って間違いありません。

そういう画面に遭遇したら、「後で」とか、「今は変更しない」とかをクリックして逃げてください。

大切なことは、一番最初に設定するパスワードを他人からは推測されにくく、自分には推測しやすいという文字の羅列をよく考えて設定することが一番大切だと思います。

パスワードの使い回しが問題を引き起こすといわれていますが、パスワードがもれやすいと思われるサイトには行かないことと、そういう場合に使用するメールは、大切なIDとなっているメールではなく、別のメールを使うなどの工夫が必要だと思います。

[PR]

無線LANが接続できない時に行うこと

最近ちょっと遭遇した無線LANのトラブルについてのご報告です。

・無線LANの親機のSSIDが出てこない・・・
・iPhoneのテザリングで自分のiPhoneのIDが出てこない・・・
・無線には接続されているけど、ブラウザを開いてもホームページが出てこない・・・

こんな不思議なトラブルがあるんですね。

最初は、ウイルス対策ソフトのファイアウォールや、変なアドウェアが組み込まれているためではないかと疑ってみたりしましたが、そういう気配はありません。

そこで、行ったのが、「Windows Update」でした。

「そういえば、Windows Updateがたまっているけど、最近実行してますか?」と言って、何気なくWindows Updateを実行して、言われるままに再起動したら、

問題となっていた無線LANが何事もなかったかのように接続され、ブラウザにはホームページが表示されているではありませんか。

つまり、

「Windows Updateをしていないと、無線LANがつながらなくなる。」

ということみたいでした。

まあ、うまく説明はつきませんが、少し頭の隅に覚えておくといいかもしれません。

[PR]

# by nokotopics | 2014-08-30 11:47 | PCトラブル

Windows8でのWindows Media Centerの危険性

Windows8をお使いの方もだんだん増えていることと思います。

今回は、Windows8のパソコンをお持ちの方が、「Windows Media Center」を導入する危険性についてお話してみたいと思います。

驚くべきことに、Windows8には標準でDVDを再生できるソフトが付属していません。もしあなたのパソコンでDVDを再生できたとしたら、それは一般のDVD再生ソフトが付属しているはずです。

Windows7までは、DVDを「Windows Media Player」で再生することが可能でした。それなのに、Windows8に付属している「Windows Media Player」ではDVDを再生できなくなっているのです。

これは、Windows8の「Windows Media Player」にはDVDを再生するためのコーデックが入っていないためです。DVDを再生するためのコーデックは有料なので、マイクロソフトはそれをケチって入れていないようなのです。

※コーデック=音楽や映像のデータを変換するためのプログラムのこと。

一方、マイクロソフトは、DVDを再生するソフトとして「Windows Media Center」というソフト(追加機能)を有料で販売しています。すでにWindows8(8.1) Proが入っているパソコンであれば、追加機能として導入することが可能です。

ところが、この「Windows Media Center」というのがかなりの曲者でして、きちんと理解していないと、とんでもないことになってしまうのです。

Windows7では、「Windows Media Center」というソフトが最初から入っていましたし、これを使ってCDやDVDを再生することができました。(あまり使っている人はいないと思いますが・・・)

ところが、Windows8からは、「Windows Media Center」というものが単なるソフトではなく、OSのエディションまで変えてしまう、とても怖いソフトになっています。

Windows8のパソコンのコンピュータアイコンを右クリックして、プロパティを開けると、OSのエディションを確認することができます。一般的には、Windows Updateが正常に行われていれば、Windows8のエディションは、「Windows8.1」もしくは、「Windows8.1 Pro」となっていると思います。

マイクロソフトでは、「Windows8.1 Pro」のみに対して、「Windows Media Center」が導入できるようにしていますが、実際に導入すると、Windows8のエディションは、「Windows 8.1 Pro with Media Center」と変化してしまうのです。

ここで、エディションが変化する意味について説明しますと、元々あったWindows8のプロダクトキーが、「Windows Media Center」を導入することで、別のプロダクトキーに変化してしまうということです。

つまり、「Windows Media Center」は単なるソフトではなく、OS全体を変えてしまうものであるということです。一番、困ることは「Windows Media Center」を外したいと思っても、バージョンアップしたOSを元に戻すことができないように、それは無理なのです。

※他のDVDソフトとバッティングする場合は、「Windowsの機能の有効化または無効化」でソフトを無効化することができます。

1つのパソコンで購入した「Windows Media Center」のプロダクトキーは、他のパソコンでは使うことができません。それは、単なるプロダクトキーではなく、OSそのもののプロダクトキーであり、2つのパソコンに同じプロダクトキーでOSがインストールできないことと同じ意味です。

このように、Windows7では1つのWindows付属のソフトであった「Windows Media Center」が、Windows8では、ステップアップOSの1つになっているという点を十分に理解しておく必要があります。

Windows8では、標準のDVD再生ソフトや、DVD書き込みソフト、DVD編集ソフトなどが一切入っていません。これらの機能が必要な場合は、一般のDVD関連のソフトを導入するか、フリーソフトなどを探すしか方法はありません。

これらの問題点は、Windows8が持つ根本的な問題点であり、次期Windows9で解決されていくかもしれません。

[PR]

# by nokotopics | 2014-07-07 12:35 | PCトラブル