人気ブログランキング |

ITサポーターという仕事

最近、ちょっと気になっている言葉があります。
それは「ITサポーター」という言葉です。

サッカーの「サポーター」とは少し内容が異なりますし、「ITサービス」という意味とも違います。

ITサポーターとは、進化するIT技術を理解して、それを利用する人々が迷わないようにサポートしてゆく人のことを言います。

インターネット、メール、セキュリティ、パソコン、ネットワーク、ホームページなど多種多様な技術でITは構成されていますが、それを十分に理解しないまま使っている人がほとんどだと思います。

ITの世界は、機械でたとえれば、精密機械のように複雑で、その内部はブラックボックス化されています。

そのようなわかりにくいITをわかりやすく説明して、それを使う人をサポートするのがITサポーターの役割です。

パソコン教室の役割の一つとして、このITサポーターとしての役割があります。

単に、ソフトの使い方や資格を取ることを目的とするパソコン教室がまだまだ大部分ですが、これからのパソコン教室の役割は、

1.ITサポーターとして地域のITのサポート役になること。
2.ITサポーターを育てること

ではないかと思うのです。

パソコン量販店の店員さんもITサポーターです。
ITサポーターは資格ではなくて、絶えず変化するIT技術に触れながら、情報をより多くの人に伝えてゆく行動ができる人だと思うのです。


by nokotopics | 2009-10-29 00:21 | PCトラブル