人気ブログランキング |

IE8が何かおかしいと感じる人のための対処方法

インターネットエクスプローラー8(IE8)の動きがやたら遅いと感じることはないだろうか?

検索欄をクリックしたとき反応が悪かったり、一部の機能が正常に動かないことがあるなど、致命的なエラーではないが、以前に比べて何かおかしいと感じることがある。

私も去年の10月ごろにIE8にしてから、これまで問題なく使ってきたが、1つだけ当初からおかしい点があった。

それは、IE8の画面の左上にある「戻る」と「進む」ボタンの右側にある逆三角形をクリックしたら出てくるはずの「最近表示したページ」の部分が全く表示されないのである。

この現象は、Windows VistaのIE8では見られないが、Windows XPにIE8を入れている場合、たまに生じる現象のように思われた。

この問題についてIE8のリセットを何度もやったが改善はみられなかった。

インターネットで解決策を探したが、なかなか見つからず思い悩んでいたが、1つの解決方法として、IE8を再インストールしたら解決したという発言があった。

もしかしたら、IE8をインストールする時点で、セキュリティソフトなどの影響で、正常にインストールされなかった機能があるのかもしれないと思った。

さっそく、以下のページからIE8をダウンロードしてインストールをしてみた。

http://www.microsoft.com/japan/windows/internet-explorer/

インストールを開始すると、以前のIE8のアンインストールが始まったが、途中突然、再起動を求められらた。

再起動すると、デスクトップが出てくる前に、続きのIE8のインストールが進行して、インストール終了後に再び再起動が自動で行われた。

どうも、スタートアッププログラムの影響を回避してIE8のインストールが行われたようであった。

再起動後に、IE8を起動してみると前述の「最近表示したページ」の不具合は正常に動くようになっていた。

また、IE8全体の動きもこころもちスムーズになったように感じられた。

以前は、IEを入れなおすということはできなかったように記憶しているが、IE8は不具合があった場合、上書きインストールを行うことで前に入っていたIE8を削除して、再度インストールが行えるようになっているようだ。

もし、IE8のリセットを行っても問題が解決されないとい場合は、一つの方法として試してみることをおすすめします。