人気ブログランキング |

Windows8優待版DVDを1200円で作成する方法

今回、Windows8アップグレード優待版を手にいれることができるのは、2012年6月2日~2013年1月31日の期間でWindows7のパソコンを購入した方のみです。

この期間を外れて購入された方は、残念ですが優待版の購入はできません。

もう1つの条件は、この優待版の申し込みができる期間は2月28日までなので、今月いっぱいの期限になっています。

この機会にWindows8優待版DVDを手に入れたいという方は、以下の手順に従い作業してください。

(1)Windows8優待購入プログラムのページにアクセスします。
http://www.windowsupgradeoffer.com/ja-JP

(2)上記ページの中の「次へ」をクリックします。

(3)氏名とメールアドレス、電話番号、購入日、購入店、PCメーカー、PCのモデル名を入力し、セキュリティーチェックの文字を入力して、使用条件に同意して「次へ」ボタンを押します。

(4)パソコン本体に貼られているWindows7のプロダクトキーを入力します。
※ノートパソコンの場合、プロダクトキーがバッテリーを外した内部に貼られていることもあります。

(5)次へボタンを押すと、確認画面となり、お客様登録IDと、登録メールが送信されたとの表示があります。
※登録IDは念のため記録しておきます。

(6)メールを確認してください。micorsoftからのメールが届いていると思います。

(7)メールの中にある「プロモーションコード」を記録します。
このプロモーションコードを最終的に入力することで、通常価格25800円のWindows8アップグレード版が1200円という価格に割引されます。

(8)メールの中にある「Windows 8へアップグレードをはじめる」をクリックします。

(9)「Windows8へのアップグレード」というページが開きます。

(10)「アップグレードアシスタントのダウンロード」をクリックします。

(11)「保存」の右の矢印から「名前をつけて保存」としてデスクトップに保存します。

(12)保存が終了したら、インターネットを閉じます。

(13)「Windows8-UpgradeAssistant」のアイコンをクリックして起動します。

(14)セキュリティー警告がでたら、「実行」「はい」ボタンを押します。

(15)「互換性をチェックしています」という画面になります。
※ここではしばらく待ちます。Windows7にアップグレードできるかを自動でチェックしています。

(16)「チェックした結果です」の画面になります。
※「互換性の詳細を見る」をクリックすると、内容が見れます。
※Windows8にすると無効になるハードウェアやソフトを確認できます。

(17)「次へ」で「引き継ぐ項目を選んでください」の画面になります。

(18)ここでは、実際にアップグレードをするわけではないので、「何も引き継がない」を選択します。

(19)「次へ」で「お勧めのWindows8」の画面となります。ここでは、必ず「Windows8 Pro」と書かれた右側の「注文」というボタンを押してください。
※この段階では価格は定価で表示されていますが、気にしないでください。

(20)「ご注文を確認します」の画面となります。ここでは、DVDは自分で作成するので、「Windows DVD」にはチェックしないで、「確認」ボタンを押します。

(21)「請求先住所」の画面となります。必要事項(氏名、自宅住所など)を入力します。

(22)「次へ」で「支払情報」の画面となります。

(23)クレジットカードを選択して、カード番号、有効期限などの情報を入力します。

(24)「次へ」で「注文の確認」の画面になります。

(25)この画面で、メールに書かれていた「プロモーションコード」を入力して、「適用」ボタンを押します。
※適用ボタンを押すと、価格は1200円になります。

(26)「契約条件に同意する」にチェックします。

(27)「注文の確認」ボタンを押します。

(28)「注文を処理しています」という画面になり、処理が終わると「ご注文ありがとうございました」の画面となります。

(29)この画面には、Windows8用のプロダクトキーが記載されています。
※プロダクトキーは必ず、コピーしてメモ帳などに貼って保存します。

(30)「次へ」で「Windows8をダウンロードしています」の画面となります。この画面は、しばらくすると、「ダウンロードをチェックしています」となり、次に「ファイルを準備しています」というように変化していきます。

(31)ダウンロードが終了すると「Windows8のインストール」の画面となります。
※ここでは、「今すぐインストール」「メディアを作ってインストール」「後でデスクトップからインストール」の3つの選択肢が表示されています。

(32)ここでは、必ず「メディアを作ってインストール」を選択してください。

(33)「次へ」で「使うメディアを選んでください」の画面となりますので、ISOファイルを選択します。
※ISOファイルというのが、DVDを作成するための元ファイルです。

(34)「次へ」でISOファイルの保存場所をデスクトップに指定して、保存ボタンを押します。
※ファイル名は「Window」のままで大丈夫です。

(35)「ISOファイルを作っています」と表示されるので、しばらく待ちます。

(36)「ISOファイルをDVDにコピーします」の画面となります。

(37)ここでもプロダクトキーが表示されていますので、コピーしてメモ帳などに貼り付け、保存してください。

(38)完了ボタンを押すと、画面は終了します。

(39)パソコンにDVD-Rをセットします。

(40)デスクトップにあるWindows.iso(拡張子は見えない場合もあります)をダブルクリックすると、DVDライティングソフトが起動してきます。

(41)ライティングソフトで「書き込み」ボタンを押して、DVD-Rへの書き込みを開始します。

(42)書き込みが終了したら、DVD-Rが排出されてきますので、その表面にWindows8であることと、プロダクトキーを書き込んでください。


以上の操作で、Windows8アップグレード優待版のDVDを1200円で購入することができます。

操作の流れは複雑で分かりにくいですが、ポイントは、「プロモーションコード」を入力することで、1200円になるということです。

おそらく、2012年6月2日~2013年1月31日の間でパソコンを購入してWindows7の認証を得ていれば、マイクロソフト側で、そのプロダクトキーを認識してプロモーションコードを発行するというシステムになっているのではと思います。

それと、1月31日までに購入しても、その日のうちにパソコンをセットアップしていないこともあるので、マイクロソフトとしては、何日間かの余裕を1月31日以降も設けている可能性があります。

もしかしたら、そういう意味で、申し込みを2月28日としているのかもしれません。

-------------------

今回の優待キャンペーンを受けられない方も、Windows8アップグレード優待版のDVDを比較的安い価格で手に入れる方法があります。


それは、アップグレード優待版のパッケージを早めに購入した方がAmazonに出品しています。

こちらがそのページです。

通常版の価格はとても高いので、この機会にAmazonから購入しておいたほうが賢明です。

ちなみに、Windows8アップグレード優待版では、Windows7のソフトやデータはそのまま受け継いだまま、Windows8に移行できます。

しばらくは、Windows7で使っておいて、次期が来たらWindows8にしたい方などに最適です。


by nokotopics | 2013-02-14 17:31 | パソコン