人気ブログランキング |

安くなってきた国内パソコン

最近、インターネットの広告などで見るパソコンの価格が安くなってきている。

この不況の影響でパソコンの出荷量が減り、メーカーも背に腹は変えられず原価を安くしているように思われます。

これまで、外資系メーカーだけの安売りと思っていたら、国内メーカーでも安売りが始まってきたようです。

NECダイレクトの場合で見てみますと

デスクトップパソコンの場合は6万円台~18万円台からで、平均は12万前後です。(詳細はこちら

ノートパソコンの場合は、5万円台~13万円台からで、平均は10万円前後です。(詳細はこちら

少し前には考えられないような低価格になってきています。

NECで驚くのは、ブルーレイドライブ搭載機種が安くなってきていることです。
やはり、ブルーレイドライブ市場も不況の影響で安売りが進んでいるのかもしれませんね。


# by nokotopics | 2009-03-22 15:41 | 日記

パソコンメーカーはリカバリーアップデートCDを出すべきです

パソコンは、長年使っていると調子が悪くなってきます。
そういう時に行うのがリカバリーです。

パソコン内の必要なデータをバックアップしてからリカバリーを行うわけですが、このリカバリーが以外と大変な作業なのです。

なぜならば、古いパソコンほどリカバリー後にWindows Updateをしたり、新しいドライバーを組み入れたりと長い時間がかかってしまいます。

特に、Windows XP SP1のパソコンなどになるとSP2やSP3というような大規模なアップデートがあるわけで、このアップデートの段階で、ファームウェアやドライバーをアップデートしておかないと様々なトラブルが発生することになってしまいます。

一般の人がこれらの作業を順調に行えるとは全く考えられないので、結局不具合のあるまま使い続けている人が多いのではないかと思います。

よくそういうトラブルがあると、このメーカーはだめだとか、次は絶対にこのメーカーは買わないなどということになり、ひいてはメーカーのブランドイメージも悪くなってしまいます。

このような問題を解決するためには、メーカー側もパソコンを売りっぱなしではなくて、1年に1度くらいリカバリーアップデートCDを有料で販売して、ユーザーに購入してもらってはどうでしょうか?

単にアップデートだけでなく、バージョンアップされたソフトなどと組み合わせて販売すれば、付加価値もついていいのではないかと思いますし、ユーザー側もいざという時のために購入しておいたほうがいいと考えると思うのです。

さらに追加で言わせてもらうと、パソコンで劣化しているのはハードディスクなので、ハードディスクをカートリッジ式にして取り出しやすいように設計し、新しいハードディスクカセットとリカバリーアップデートCDをセットにして販売すれば売れるのではないかと思います。

長らくパソコン教室をやってきて思うのは、一般の方の多くはリカバリーなどしたことがないということです。

もしサポートに修理に出したとしても、戻ってくるのは購入時の状態で、アップデートなどは行われていません。やはり、パソコンメーカーとして生き残るためには、ハードだけでなくサービス面での付加価値が大切になってきていると思うのです。


# by nokotopics | 2009-03-01 22:46 | PCトラブル

ITパスポート受験申込み、締切り迫る!

パソコンの国家試験といえば、「情報処理技術者試験」ですね。

今年の春から、試験のシステムが大幅に見直されて、新しいタイプの試験になっています。今回、あたらしく始まるのが「ITパスポート」といわれる試験です。

このITパスポート試験は、情報処理の資格の中でも専門職を対象としたものではなく、一般の人が気軽に受けることができる資格試験になっています。

民間の試験に比べると、春1回、秋1回しか受験できないのですが、パソコンの資格の中では最も信頼性が高いものなので、就職や転職を目指す方にはいいと思います。

試験の申し込みは、インターネットから行うことができます。

個人で申し込む場合は、以下のアドレスから申し込みができます。
http://www.jitec.jp/

ITパスポート試験の申し込みは2月19日(木)までに申し込む必要がありますので、お早めに。


# by nokotopics | 2009-02-12 00:29 | 日記

USBメモリに感染したウイルスの駆除方法

最近、USBメモリからのウイルス感染が増加しています。

学校や会社などでデータを持ち歩いているUSBメモリがウイルスに感染すると、接続したパソコンすべてにウイルスが感染してしまうので、被害が急速に広がってしまいます。

これらのUSBメモリ経由で感染するウイルスやスパイウェアは、インターネット経由で他のウイルスやスパイウェアを呼び寄せる働きもあり、時間が経つにつれて、ウイルスやスパイウェアが増殖してくるようです。

これらウイルスやスパイウェアの駆除のためには、手動でウイルススキャンを行うことが効果的です。ウイルス対策ソフトによっては、ウイルス定義ファイルのアップデートが遅れてしまって、ウイルスが入り込んでしまっている場合もあるからです。

ウイルス対策ソフトの期限が切れていたり、ウイルス対策ソフトをインストールしていないパソコンの場合は、感染が進むと駆除ができなくなり、パソコンをリカバリーするしか手がない状態になりますので注意してください。

一般に、これらのウイルスやスパイウェアの駆除には、トレンドマイクロの「オンラインスキャン」がとても有効です。確実にウイルスやスパイウェアを認識しますし、同時に駆除もしてくれます。

「トレンドマイクロ オンラインスキャンのページ」

ここで、初めてオンラインスキャンをする人は、ActiveXのプログラムを最初にインストールするように促されますので、インストールを実行してください。

その後、スキャンする場所をチェックを選び、開始ボタンを押せばスキャンが始まります。

スキャンが終われば、報告が行われますので、見つかったウイルスやスパイウェアの処理の種類を「駆除」としてから、「処理実行」ボタンを押すと駆除が実行されます。

このオンラインスキャンはかなり有効な手段なので、定期的なハードディスクやUSBメモリのウイルス検査に使えると思います。


# by nokotopics | 2009-01-30 13:09 | PCトラブル

ブログはホームページ化できるか?

最近は、ブログをホームページとして代用している方も増えているようです。

しかし、無料のブログの場合には、広告が入りますし、アップロードできるファイルサイズも限界があります。

確かに簡単なホームページライクのページは、管理画面からHTMLやスタイルシートを変更することで可能ですが、いろんなサービスを行うためのページとしては力不足だと思います。

有料のブログの場合には、広告も入りませんし、独自ドメインもとれますのでホームページ化することも可能だと思いますが、プログラム的なものをページに入れることは許されていないことが多いようです。

このようなことから、ブログサービスを有料で借りるよりも、独自ドメインとサーバーを契約するほうがパフォーマンス的に有利だと思います。

ブログと違って、ホームページの場合は、デザインを自分で作成する必要がありますが、HTMLやスタイルシートの基礎を学びながら、ホームページを作成することはあなた自身のスキルを上げることになり、長い意味でプラスになると思います。